近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


姿勢が悪い

 

近視の原因として、遺伝によるもの以外は、

 

ほとんどが生活環境に関係していると言われています。

 

 

その1つに、姿勢の悪さがあります。

 

 

私たち現代人は、本を読む、文字を書く、

 

パソコンを使うなどといった、

 

机に向かう時間が比較的長めです。

 

 

子供の場合は学校で、働いている人は職場で、家にいる人は自宅で、

 

それぞれ何かを見る時間はたくさんあります。

 

 

そのときに、姿勢が悪いと、

 

その物を見る角度や距離が変わります。

 

 

背筋を伸ばしてしっかりした姿勢をとっていれば、

 

物に対してまっすぐな角度で見ることができますが、

 

姿勢が悪いと角度も悪くなります。

 

 

物を見る角度と言うのは、

 

見にくいなぁ〜と感じるかもしれませんが、

 

この「見にくい」と感じること自体が、

 

目に負担をかけている証拠なのです。

 

 

長い時間悪い姿勢で物を見る、

 

書くと言うことを続けていると、

 

目に負担がかかるだけでなく、

 

肩や腰などにも負担が大きくなります。

 

 

しかも、そうした生活が癖になってしまうと、

 

いつも悪い姿勢でいることになり、

 

常に目は酷使されてしまうのです。

 

 

子供の場合には、体の成長にも影響しますから、

 

近視の予防だけに限らず、

 

ふだんから良い姿勢を心がけたいものですね。

 

 

近視の初期の場合には、姿勢を改善しただけで

 

視力が戻ることも多いので、

 

良い姿勢を心がけて生活することが大切です。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル