近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


遺伝によるもの

 

近視の原因として、昔からよく言われていたのが、

 

「遺伝によるもの」です。

 

 

私も、父親が強度の近視で、

 

眼科でも遺伝による可能性が高いと言われました。

 

 

子供の頃は、ふざけて父のメガネをかけることもありましたが、

 

まさか遺伝するとは思ってもいませんでした。

 

 

近視の場合、生活環境が大きく左右するケースも

 

多くあります。

 

 

日常生活の中で目を使いすぎると、

 

近視になりやすいのです。

 

 

ですが、ここでは遺伝による近視について

 

お話しておきましょう。

 

 

近視の種類のところで、軸性近視についてお話しましたが、

 

この軸性近視は、遺伝によるものが多いと言われています。

 

 

軸性近視は眼軸の長さが長いために焦点が合わせにくく、

 

物が見えにくい症状です。

 

 

眼軸の長さは、体の作りと同じで遺伝する可能性が高いので、

 

両親のどちらかが軸性近視だと、その子供に遺伝するかもしれません。

 

 

もちろん、両親二人とも近視の場合には、

 

かなり遺伝する可能性が高くなります。

 

 

こうした遺伝による近視の場合は、

 

12歳頃までに症状が出ると言われていて、

 

多くは成人で近視の進行は止まるようです。

 

 

近年、近視の研究が進み、

 

近視の原因としての遺伝の可能性は、

 

低くなってきていることがわかっています。

 

 

全く遺伝しないわけではありませんが、両親が近視である人は、

 

できるだけ近視にならない生活を心がけることが大切です。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル