近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


1メートル以内でないとテレビが観えない

 

「目が悪くなるからテレビは離れて観なさい!」

 

私が幼い頃、よく母から言われたものです。

 

 

最近では、テレビの鮮やかな光やフラッシュが、

 

体に影響を与えると言うことで、

 

テレビは離れて観るのが普通と思われていますが、

 

近視の予防としても大切なことです。

 

 

自分は近視ではないかと疑いを持つのが、テレビの映像が観えにくく、

 

いつの間にかテレビの近くで観ているケースではないでしょうか。

 

近視,原因,治療法,症状,遺伝,乱視,遠視,回復,度数,失明

 

 

子供の頃は、学校でも視力検査がありますから、

 

そこで視力が悪くなっているのに気づきます。

 

 

ですが、そうでない場合には、

 

テレビと自分との距離でわかることも多いのです。

 

 

デジタル放送になって、テレビがこれまでよりも

 

大きくなったにもかかわらず、

 

1メートル以内でないと、映像がわかりにくい、

 

字幕が見えないなどの症状があれば、

 

近視になっている可能性は高いです。

 

 

最初は離れてテレビを観ていたのに、

 

気がついたら1メートル以内の場所にいた、

 

なんてことになっていれば危険信号です。

 

 

また、離れて観なければいけないといって、

 

テレビから離れた場所で目を細めて観ていては、

 

かえって目にかかる負担が大きくなります。

 

 

ブラウン管テレビとは違って、液晶テレビは画質も良いですし、

 

見易さと言う点では、以前よりもはるかに良くなっているので、

 

リラックスして見ることができるはずです。

 

 

1メートル以上近寄らなければ、よく見えない場合には、

 

かなり近視が進んでいると思いますから、早めに眼科を受診しましょう。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル