近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


暗い場所だと物が見えにくい

 

近視に限らず、暗いところと言うのは、

 

物が見えにくいですよね?

 

 

私たちの目は、入ってくる光を調節して、

 

水晶体の厚さをコントロールするので、

 

光の少ない暗い所では、見えにくい状態となるのです。

 

 

電気など何らかの明るさがないと、

 

しっかり見ることができません。

 

 

そして、近視の人の場合、

 

それがさらに見えにくくなります。

 

 

特に、夕方から夜にかけての薄暗い時間帯は、

 

物がぼやけて見えます。

 

 

1日中仕事をしていると、夕方に目がかなり疲れて、

 

見えにくくなりますが、近視になっていると疲れも強く感じます。

 

 

暗いところでパソコンなどの明るい光で仕事していれば、

 

見えにくいことはないし、目も疲れないだろうと思うかもしれません。

 

 

ですが、目の近くが明るくても、周りが暗ければ、

 

目にかかる負担は大きくなります。

 

近視,原因,治療法,症状,遺伝,乱視,遠視,回復,度数,失明

 

 

暗い場所では物を近づけてみなければ、

 

よく見ることはできません。

 

 

目を近づけて見ると言うことは、

 

目を酷使することになりますから、

 

余計に近視が進む可能性も高くなります。

 

 

中には、暗いところだから見えにくいのは当たり前と思い、

 

これが近視の症状だと気づかない人も多いのです。

 

 

私も近視ですが、暗いところの見えにくさは、

 

おそらく近視でない人よりも、かなり酷いと思います。

 

 

運転中にトンネルに入ったときなどは、

 

一瞬驚くほど見えないこともありますから、

 

近視の人は暗い場所での見え方が良くないことを

 

心得ておく必要を感じますね。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル