近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


近視になるメカニズム

 

近視と言うのは、近くの物は見えるけれど、

 

遠くの物は見えにくいという状態を指します。

 

 

ではどうして近視になってしまうのでしょうか?

 

そのメカニズムを考えてみましょう。

 

 

私たちの目は、外からの光を取り入れると、

 

それが角膜と水晶体で屈折し、焦点を結びます。

 

 

この時の屈折力が強すぎると、

 

焦点が網膜の前で結ばれてしまい、

 

近くの物が見えにくい近視となるのです。

 

 

目と言うのは、物を見るときに、

 

水晶体の厚さを調節します。

 

 

カメラのピントを合わせるのと同じで、

 

水晶体の厚さを調節するのが、

 

毛様体筋という筋肉です。

 

 

この毛様体筋の働きが衰えると、

 

目の中でピントが合わせにくくなり、

 

見えにくくなってしまうのです。

 

 

近くの物を見るときは、この毛様体筋が緊張して、

 

水晶体を膨らませピントを合わせます。

 

 

遠くの物を見るときは、毛様体筋が緩み、

 

水晶体を薄くしてピントを合わせるのです。

 

 

ですから、長時間近くの物を見続けると、

 

毛様体筋が緊張したままになって、働きが悪くなります。

 

 

近くの物を見続けると、目が疲れたなぁと感じますが、

 

これは毛様体筋が疲れている証拠なのです。

 

 

毛様体筋が疲れているだけならいいのですが、

 

疲れきってしまうと、水晶体の厚さを調節することができなくなります。

 

 

つまり、これが近視の状態です。

 

 

子供の仮性近視は、この毛様体筋の疲れが関係しているので、

 

遠くを見て筋肉を休ませれば、回復するケースが多いですね。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル