近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


目が疲れやすく肩こりや頭痛がする

 

目が疲れやすい、肩こりや頭痛がする、

 

こういった状態は、かなり近視が進んでいるかもしれません。

 

 

近視が本格化している前兆と言ってもいいでしょう。

 

近視でどうして肩こりや頭痛が起こるのか?

 

 

目と肩なんてわりと離れている場所なのに、

 

と思うかもしれませんね。

 

 

ですが、近視と肩こり、頭痛は深い関係にあるんです。

 

 

近視の人の場合、物をよく見ようとして、

 

目を細めたりじっと見つめたりしますよね?

 

 

実は、この動作が目の疲れを大きくしています。

 

目が疲れると、目の中に走っている血管の流れが悪くなります。

 

 

目の中の血管一つ一つは細いですが、

 

頭の血管と非常に距離が近いことから、

 

脳の血流も悪くなってしまいます。

 

 

それが頭痛の原因となるのです。

 

また、頭から肩にかけては、大きな血管が走っています。

 

 

脳の血流が悪くなると、その大きな血管の流れも悪くなるので、

 

同時に肩の血管の流れも悪くなります。

 

 

肩の筋肉は、血流が悪くなるとさらに凝り固まってしまうので、

 

肩こりも酷くなります。

 

近視,原因,治療法,症状,遺伝,乱視,遠視,回復,度数,失明

 

 

近視で肩こりや頭痛がする人は、

 

眼精疲労を起こしている可能性が高いですから、

 

しっかりと目を休ませることが重要です。

 

 

あまりに肩こりや頭痛が酷くなると、

 

吐き気が出てくる人もいますから、

 

たかが肩こりや頭痛と思わないほうが無難です。

 

 

近視の人は、頭痛や肩こりを感じたら、

 

目が疲れているサインだと思ってください。

 

 

また、近視が進んでいる可能性もありますから、

 

眼科で検査することをおすすめします。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル