近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


目を細めると文字が見やすい

 

近視の症状として、遠くの物が見えにくいことが挙げられますが、

 

それが目を細めれば、しっかり見えると言うのも近視の症状です。

 

 

ではどうして目を細めると、

 

よく見えるようになるのでしょうか。

 

 

近視の人は、目の中に入っている光に対して、

 

焦点を手前に合わせてしまい、

 

物がぼやけて見えてしまいます。

 

 

特に、上下から入る光と言うのは、

 

網膜の前後で焦点を結びやすいので、

 

ぼやけるのも強くなってしまうわけです。

 

近視,原因,治療法,症状,遺伝,乱視,遠視,回復,度数,失明

 

 

つまり、上下の光はとても見にくく感じるのです。

 

 

そこで、目を細めて上下の光が入りにくい状態にすることで、

 

ぼやけていたものが少し見えやすくなるのです。

 

 

カメラのピント合わせのようなものだと考えてくださいね。

 

 

お母さんが子供の近視に気づくのも、

 

テレビを観るときに子供が目を細めている仕草が、

 

きっかけとなることが多いようです。

 

 

実は私もそうでした。

 

中学生になった頃から、自分では気づかなかったのですが、

 

テレビを観るときに目を細めていて母に指摘されました。

 

 

「目つきが悪くなった」と言う指摘は、

 

実は近視の始まりだったのです。

 

 

この段階で何らかの対応をすれば、近視が進むことなく、

 

視力が回復する可能性が高くなります。

 

 

子供の仮性近視も、この時点で眼科に受診し、

 

治療をすれば回復するでしょう。

 

 

ただし、目を細めて物を見ることは、

 

目が疲れやすくなりますから、

 

近視も進みやすいと覚えておきましょう。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル