近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


遠くの文字や物が見えにくい

 

近視の症状で、まず最初に出てくるものは、

 

遠くの文字が見えにくいと感じることです。

 

 

子供の頃は、学校で授業中、

 

黒板の文字がなんだか見えにくくなると言うのが、

 

代表的な症状かもしれません。

 

 

遠くにある看板が、なんとなく見えにくいと言うのも

 

同じことでしょう。

 

 

最初のうちは、この見えにくいと言う状態に、

 

あまり敏感ではありません。

 

 

視力が落ちていると言うのではなく、

 

目が疲れているだけと思い込んでしまうからです。

 

 

子供のうちは、定期的に視力検査が行われますから、

 

見えにくい状態をかなり早い段階で発見できます。

 

 

仮性近視の場合には、対応が早ければ

 

視力が戻ることが知られているので、

 

親御さんの対応は早い傾向にあります。

 

 

大人の場合には、「疲れているだけ」、

 

「医者に行くようなことではない」などと、

 

そのままにしがちです。

 

 

そのため、近視が酷くなってからメガネやコンタクトレンズの

 

お世話になる人が多いのです。

 

 

確かに、目が疲れていると遠くの物が

 

ぼやけて見えることがあります。

 

 

でも、近視は疲れ目が引き金となって進行しますから、

 

たかが疲れ目で、と済ませてしまわないことが大切です。

 

 

近視が進んでいるかどうかを判断するには、

 

毎回同じ物を見て、それがどう見えるかを確認しましょう。

 

 

この前までははっきり見えたのに、

 

今回はぼやけていると言うことになると、

 

近視が進んでいるのかもしれません。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル