近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


最強度近視

 

最強度近視は、文字通り屈折度数がものすごく高い状態を指します。

 

屈折度数がマイナス10D以上を最強度近視と言います。

 

 

私の場合、屈折度がマイナス9.5Dでしたから、

 

ほとんど最強度近視と変わらないのです。

 

 

見え方としては、目の前に物を置いて、

 

約10センチ程度離した段階で、

 

その物が見えにくくぼやけてしまいます。

 

 

目の前10センチなんて、

 

ものすごく近い!と思うかもしれませんが、

 

これが最強度近視の人の目の見え方なのです。

 

 

私も同じような感じで、目の前に誰かがいても、

 

裸眼では顔の判別ができません。

 

 

目を細めても、ほとんど見え方に変化が出ませんから、

 

最強度近視は本当に見えないと言うことになりますね。

 

 

昔のマンガで言えば、ぐるぐるメガネをかけた大学生がよく登場しましたが、

 

あれとほぼ同じだといっていいかもしれません。

 

 

最強度近視ともなると、

 

メガネで視力を出すことは難しくなります。

 

 

レンズの度数を強くすることは可能ですが、

 

今度は見えすぎてしまって、

 

頭痛などが起こりやすくなるのです。

 

 

そのまま強い度数のメガネを使っていると、

 

吐き気が出るケースもあるので、

 

使い続けることはできません。

 

 

見えすぎると言うことは、

 

目にも大きな負担がかけられているのです。

 

 

また、最強度近視の場合、

 

眼球の形が楕円形になっています。

 

 

これは眼軸がかなり長くなってしまって、

 

目の形が変形してしまっている状態です。

 

 

同時に角膜も薄くなってしまっているので、

 

網膜剥離の危険性がありますから、

 

注意しなければなりません。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル