近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


強度近視

 

強度近視は、屈折度数がマイナス6Dから

 

マイナス10D未満の状態を指します。

 

 

これってどのくらいの視力なのか?

 

と思う人もいますよね。

 

 

正確ではありませんが、裸眼視力が0.05〜0.01だと、

 

強度または最強度近視の部類に入るのではないでしょうか。

 

 

私はマイナス9.5Dですから、

 

まさにこの強度近視です。

 

 

裸眼視力も0.01〜0.02です。

 

視力検査のたびに、看護師さんが手持ちの視力表

 

(大きなランドルト環がかいてある)を、

 

私の目の前で方向を変えて視力を測ったものです。

 

 

裸眼では、目の前のものがほとんどぼやけますし、

 

形なんてわかりません。

 

 

夏にプールに行くと、裸眼になりますから、

 

一緒に行った友人が、どこにいるかがわかりません。

 

 

水着の色しかあてにならないので、ものすごく不便です。

 

この状態が強度近視と言うことになります。

 

 

強度近視の場合、メガネで視力を出そうとすると、

 

あまりの度数の強さに頭痛がすることがあります。

 

 

私は、眼科でメガネを矯正中、あまりの度の強さにめまいがして、

 

矯正視力を0.8に落としてもらいました。

 

 

強度近視になると、見えるように矯正した場合、

 

目に負担がかかってしまって、

 

違った意味で辛くなってしまうのです。

 

 

メガネのレンズは厚くなりますし、

 

厚みが増すと重くなります。

 

 

耳の後ろが痛くなりますし、

 

目頭も赤くなったことがありました。

 

近視って不便なことが多いんだなぁ〜と痛感しましたね。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル