近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


中等度近視

 

中等度近視とは、軽度近視と同じく、

 

屈折度数の数値で分類されるものです。

 

 

屈折度数がマイナス3D以上マイナス6D未満の場合、

 

中等度近視と言うことになります。

 

 

屈折度数は、1÷焦点距離です。

 

 

例えば目から20センチくらいのところで、

 

本の文字がぼやけると言う人は、

 

マイナス5Dと言うことになるのです。

 

 

例え視力が0.1の人でも、

 

屈折度数が小さければ「中等度の近視」と言う、

 

分類になるわけです。

 

 

視力検査の結果が悪く、眼科を受診したら、視力が0.1で驚いていたら、

 

眼科医が「軽度の近視ですね」といったのでもっと驚いたと言うケースは、

 

屈折度数が小さいから医師が軽度といったのです。

 

 

医学的な分類の中には、中等度近視を、

 

マイナス2Dからマイナス4Dとしているところもあります。

 

 

また、中等度近視は、屈折度数が大きくなりますから、

 

そのままにしておくと、水晶体の厚さを調節する毛様体筋の働きが、

 

かなり悪くなって強度近視に移行しやすくなりますから注意が必要です。

 

 

中等度近視の場合には、眼軸が長くなっている可能性もありますから、

 

屈折性近視が軸性近視になってしまっているかもしれないのです。

 

 

中等度近視だからまだ大丈夫と考えるのではなく、

 

強度近視になる可能性が高いと言う危機感を持ちたいものです。

 

 

毎日の生活の中で、できるだけ目を使い過ぎない、

 

目を休ませる時間を取るなど、

 

目の緊張をほぐす工夫をしましょう。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル