近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


軽度近視

 

軽度近視とは、近視の種類と言うよりも程度になります。

 

私たちのイメージでは、近視の程度と言うと、

 

視力検査の結果で判断しがちですが、

 

実は屈折度数で分類されるのです。

 

 

軽度の近視と聞くと、視力が0.7とか

 

0.6くらいでは?と思うかもしれませんが、

 

この0.7などの数値は、近視の程度には関係ないのです。

 

 

屈折度数とは、単位がD(ディオプトリー)で表され、

 

近視の場合にはマイナスで表示されます。

 

 

この屈折度数が、マイナス3D未満を軽度近視と言うわけです。

 

 

ちょっと専門的なことになりますが、屈折度数の計算式は、

 

屈折度数(D)=1÷焦点距離(m)となります。

 

 

屈折度数がマイナス3未満は、屈折が軽度であると言うことから、

 

軽度近視に分類されるわけです。

 

 

「軽度近視=視力がちょっと悪い」と言うことではないですよ。

 

 

もちろん、視力検査でわかる数値も、

 

目が悪いかどうかの判断材料になりますが、

 

眼科医にとっては、「視力=見え具合」なのです。

 

 

屈折異常がどのくらいであって、どう矯正するかを判断するためには、

 

この屈折度数をきちんと把握することのほうが重要なのです。

 

 

屈折度数が小さい人のほうが、視力の回復もしやすいですし、

 

メガネやコンタクトレンズを使ったとしても修正も簡単です。

 

メガネを作るときのレンズも、薄くて軽いもので十分です。

 

 

軽度近視の場合には、まず視力回復のための

 

トレーニングや治療が行われます。

 

それだけ回復できる可能性が高いと言うことですね。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル