近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


核性近視

 

核性近視は、あまり耳にしたことはないかもしれません。

 

近視と言うと、そのほとんどが屈折性近視か、

 

軸性近視に分けられてしまうからです。

 

 

核性近視と言うのは、

 

年齢が進んでから近視の状態になることです。

 

 

主に高齢者に多く、老人性白内障にかかると、

 

核性近視になりやすいのです。

 

 

老人性白内障と同時に出る症状と言ってもいいかもしれません。

 

ここで白内障についても軽く触れておきましょう。

 

 

白内障は、水晶体が白っぽく濁ってしまう病気です。

 

たんぱく質が変性して起こるのですが、

 

どうしてそう言う状態になるかは、はっきりしていません。

 

 

高齢になると起こりやすい視力障害の1つです。

 

水晶体が濁ったために見えにくくなると同時に、

 

視力の低下が起こるのです。

 

 

この視力低下を核性近視と言います。

 

 

核性近視は、必ずしも両目に起こるとは限りません。

 

不同視といって、どちらか片方の目に

 

視力低下が起こることもあります。

 

 

白内障で見えにくいと思っていたら、

 

実際には視力も低下していたなんてことが、

 

高齢になるとよくあるのです。

 

 

ある程度の年齢になったら、白内障かどうかと言うことと、

 

核性近視の症状が出ているかと言うことを時々チェックするために、

 

定期的に眼科受診をするのがベストです。

 

 

若い人の視力低下とは、ちょっと内容が違いますが、

 

白内障を患うと視力の低下もあるのだと言うことを

 

覚えておくといいですね。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル