近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


屈折性近視

 

屈折性近視は、遺伝とは関係なく、

 

目を使いすぎることによって、

 

物が見えにくくなる状態です。

 

 

軽度の屈折性近視を偽近視(仮性近視)と言うこともありますが、

 

仮性近視はごく軽度の屈折性近視と思ってください。

 

 

眼軸の長さは正常ですから、

 

遺伝が原因である可能性は低いです。

 

 

屈折性近視は、近くを見続けて

 

水晶体が固まってしまう状態です。

 

 

水晶体が厚くなったままで固まってしまうので、

 

厚さを調節することはできません。

 

 

私たちの目は、遠くを見るときには水晶体を薄く、

 

近くを見るときには厚くしますから、

 

それができないと言うことは、見えにくい状態が続くわけです。

 

 

偽近視は、近くを見続けることで

 

水晶体の厚さを調節する筋肉が疲れてしまい

 

見えにくくなるので、その疲れを解消すれば見えるようになります。

 

ここが屈折性近視との大きな違いですね。

 

 

屈折性近視は、メガネやコンタクトレンズを使って、

 

矯正することが必要です。

 

 

ですが、屈折性近視は軸性近視と違って、

 

予防することが可能です。

 

 

テレビやゲーム、パソコンなどの画面を長時間見続けない、

 

定期的に目を休ませて水晶体の厚さを調節する

 

筋肉(毛体様筋)の緊張を解消することが大切です。

 

 

子供の場合には、仮性近視であることも多いですし、

 

その段階で予防策を講じれば、近視になることもないでしょう。

 

 

屈折性近視は、後天的な原因で起こることが基本ですから、

 

毎日の生活で心がけていれば、防ぐことが可能ですよ。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル