近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


軸性近視

 

軸性近視と言うのは、網膜と水晶体の距離が普通よりも長くなっていて、

 

目のピントが網膜の手前で合ってしまう状態です。

 

 

ピントが手前で合ってしまうため、

 

見え方としてはかなりぼやけます。

 

 

コンタクトレンズやメガネなどで矯正しなくては、

 

はっきりとは見えないでしょう。

 

 

軸性近視の場合、

 

その原因は遺伝によるケースが多いと言われています。

 

 

目の奥行きが長いのは、生まれつきのことが多く、

 

遺伝している可能性が高いからです。

 

 

「屈折性近視」が、重度化してしまうと、

 

この軸性近視となるパターンも多いです。

 

 

しかも、軸性近視は、

 

成長期の子供の目に見られると言う特徴があります。

 

 

子供の体が成長するときに、眼軸も長くなるために、

 

遺伝要素が関係していると起こりやすいためです。

 

 

つまり、年齢が低い時期に屈折性近視が起こると、

 

それが軸性近視になってしまうスピードも速くなってしまうのです。

 

 

ですから、子供のころの視力の変化には、

 

敏感である必要が出てくるのです。

 

 

遠視の場合には、成長と共に眼軸の長さは正常になるので、

 

成長していくうちに治ることもありますが、

 

近視の場合には、治りにくいと言われています。

 

 

また、軸性近視の場合、眼球が引き伸ばされがちなので、

 

網膜が薄い傾向にあります。

 

 

網膜が薄いと剥離しやすくなるので、

 

網膜剥離に対しての注意も忘れてはいけませんね。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル