近視の治療法・予防法・手術・症状・原因

あなたは、目が悪いのは親の遺伝や目の酷使と思っていませんか?


実は、視力の低下の本当の原因は血流障害だったのです。


ですから、血流障害を治せば視力を回復することができるのです。


88.8%の人がその場で視力回復した方法とは?


近視の定義

 

近視と言うのは、物が見えにくくなる状態です。

 

 

近くはよく見えるけれど、

 

距離が離れると見えにくくなるのが特徴です。

 

 

近視は屈折性異常の1つです。

 

 

近視の種類としては、

 

屈折性近視、軸性近視、偽近視、核性近視があります。

 

 

近視と言うのは目の成長と共に進行しやすいものです。

 

つまり、目の成長が止まると、

 

近視の進行も止まるということです。

 

 

最近では中高年になっても近視になる人が多いです。

 

これは、パソコンの普及など、

 

環境にも関係があるようですね。

 

 

また、近視には病的近視と言うものがあります。

 

メガネやコンタクトレンズで矯正しても、

 

視力が出ないものを指します。

 

 

しかも、様々な視機能障害を伴うことが多いのです。

 

 

ですが、近視のほとんどは、

 

良性近視(単純近視ともいいます)です。

 

 

メガネやコンタクトレンズで矯正すれば、

 

しっかり見えるものです。

 

 

小学校などでは、視力検査の際に視力が0.7以下であると、

 

近視の疑いがあると判断します。

 

 

この0.7がいわゆる「近視の境目」と、

 

言われています。

 

 

0.7以下の近視を偽近視

 

(仮性近視ともいいます)ともいいます。

 

 

最近では、ゲーム機の普及などから、

 

近視になる年齢がどんどん低くなっています。

 

 

近視は年齢の成長と共に進行しますから、

 

あまりに年齢の低い子供が近視になると、

 

進行が早くなってしまいます。

 

 

ですから、できるだけ低い年齢での

 

近視を予防することが重要です。

 

88.8%の方が、視力回復した方法はコチラ!

 


スーザン・ボイル